世間の「謝罪」何のため? 青木さやかさん、嫌いな母に謝った理由

有料会員記事

聞き手・田中聡子 高久潤 中島鉄郎
写真・図版
グラフィック 荻野史杜
[PR]

 謝罪の会見やコメントに接するたび、何かその妙な「軽さ」を感じることはないだろうか。何を、どうして謝るのか……。謝罪とはそもそも何なのか、考えてみたい。(聞き手・田中聡子 高久潤 中島鉄郎)

「謝るのは母の方」思っていたけれど 青木さやかさん(タレント)

 長い間、「どうして私にはこの母が割り当てられたのだろう」という感情を抱いてきました。子どもの頃から自分の価値観を押しつけてきたのはそちらの方じゃないか。だから謝るのは母の方だ、とずっと思ってきました。

 ところが、2年前に母がリンパ腫でホスピスに入った時、私が取った行動は母に謝ることでした。

最近もよく目にする著名人や企業などの「謝罪」。青木さやかさんが自身の体験談に基づき語るほか、危機管理広報コンサル会社の社長、江良俊郎さんと、一橋大学院特別研究員の梁英聖さんが論じます。

 母が嫌いだったけれど、母が…

この記事は有料会員記事です。残り3444文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!