フェイスブック、インスタなど接続不安定に 公式声明、原因に触れず

編集委員・須藤龍也
[PR]

 米国の大手SNSサービスのフェイスブック(FB)と同社傘下のインスタグラムワッツアップが5日午前1時ごろから接続不安定な状態が続いている。FB社の公式ツイッターは午前1時20分すぎ、「一部の利用者に対するアプリや製品へのアクセスに問題が生じている」と発表した。原因については触れていない。

 接続トラブルを調査している日本のネットワーク専門家によれば、FBのサーバーに接続する少なくとも4つのIPアドレスを持ったネット回線に、いずれも何らかの原因で正常なアクセスができないトラブルが発生しているという。

 インターネット回線の設置や保守などを手掛ける国際的なエンジニア有志グループの調査によれば、通信データを正しい宛先に届けるための「BGP」と呼ばれる通信経路情報の中で、FBのサーバーへと届く経路情報が一部、失われた可能性があるという。

 このためフェイスブックなどへ向けられたアクセスが途中で途絶えてしまい、接続できない状態になっている可能性があるという。原因については分析を続けている。(編集委員・須藤龍也)