トランプ氏、大統領選の正式な出馬表明を一時検討 側近説得で見送り

有料会員記事

ワシントン=大島隆
[PR]

 トランプ前米大統領が今年8月、2024年大統領選挙への正式な出馬表明を検討していたことがわかった。ワシントン・ポスト紙が4日に報じた。

 同紙によると、米軍のアフガニスタン撤退をめぐってバイデン政権への批判が高まった8月、大統領選への出馬を正式に表明する考えを周囲に話し始めたという。

 複数の側近が、現時点で出馬を表明すると、現在の政治活動の資金集めやテレビ出演が制限される恐れがあるとして思いとどまるように説得。側近らの間では、来年秋の中間選挙前に出馬を表明すれば、民主党に攻撃材料を与えることになるとの懸念も出たという。トランプ氏は最終的に、現時点での正式表明は見送ることに同意したものの、出馬をにおわせ、選挙に向けた活動を続けることにしたという。同紙はトランプ氏が「非公式な候補」として活動すると報じている。

 トランプ氏は6月から本格的…

この記事は有料会員記事です。残り625文字有料会員になると続きをお読みいただけます。