イスラム風刺のスウェーデンの画家が交通事故死 事件性なし

[PR]

 イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を2007年に描き、イスラム過激派から殺害予告を受けていたスウェーデンの画家ラーシュ・ビルクス氏(75)が3日、交通事故で死亡した。現地の警察は、事件性はないとみている。AP通信が伝えた。

 報道によると、事故はスウェーデン南部のマルカリュード近くで起きた。ビルクス氏は安全のため警察の保護下にあり、警察官が運転する車両に乗っていたが、その車がトラックと衝突。ビルクス氏と警官ら計3人が死亡した。現地警察は「事故以外のものであることを示すものはない」と事件性を否定している。

 ビルクス氏が07年に発表した預言者を犬に例えた風刺画は当時、中東各国の政府から非難を受けた。イスラム過激派が公表した「標的リスト」に、ビルクス氏が顔写真付きで掲載されたこともあった。