「ごついおばはん」と呼ばれても 最古の園舎守り抜いた

有料会員記事

机美鈴
[PR]

「まだまだ勝手に関西遺産

 お寺か、はたまた武家屋敷か。大阪・淀屋橋のビジネス街で通行人が足を止める木造建築の正体は、大阪市立愛珠(あいしゅ)幼稚園。築120年、国内最古の現役の幼稚園舎には、71人の園児が通う。現在は国の重要文化財だが、戦時中は取り壊しの危機に。守り抜こうと踏ん張ったのは、一人の「ごついおばはん」だった。

写真・図版
高層ビルに囲まれる中、そこだけ昔にタイムスリップしたかのような愛珠幼稚園のたたずまい。日本最古の園舎で、子どもたちはのびのび遊ぶ=大阪市中央区、滝沢美穂子撮影

 記者が訪ねた日、園児らは広々とした園庭で綿花を摘み、サルビアの花びらを集めていた。「バッタ見つけた!」の声が上がり、にぎやかに追いかけっこ。庭の池にはメダカやカエルがすみ着く。立地からは想像もつかないのどかな光景が広がる。

写真・図版
園庭内の池で生まれたメダカの赤ちゃんに見入る園児たち=愛珠幼稚園提供

 同園は1880年に開園。当…

この記事は有料会員記事です。残り1515文字有料会員になると続きをお読みいただけます。