深夜の新閣僚会見、河野氏「やらず良かった」 引き継ぎ式は「無駄」

坂本純也
[PR]

 河野太郎・前国家公務員制度担当相は5日、職員を集めた退任式のあいさつで、これまで慣例だった新閣僚の深夜の記者会見を岸田内閣でとりやめたことについて「新内閣が発足した後、ダラダラと記者会見をやらずに良かった」と述べた。深夜の就任会見をめぐっては、河野氏は昨年9月に菅内閣が発足した際に廃止を訴えていた。

 河野氏は「霞が関働き方改革を実現するには、今までの惰性をやめて、無駄だと思われるものはスパッとやめることができなければ、働き方改革にはつながらない」とも語った。

 さらに、前任大臣から新任への引き継ぎ式などにも言及し「よもや誰も読まない引き継ぎ書をつくって、引き継ぎ式なんかは今年はやっていないと信じている」などと発言。「無駄なもの」だと切り捨てた。

 この日、引き継ぎ式は複数実施され、西村康稔・前経済再生相から山際大志郎氏、坂本哲志・前地方創生相から野田聖子氏など、新旧大臣が引き継ぎ書にサインする場面が報道陣に公開された。(坂本純也)