アメリカザリガニ、ペット飼育は可・放出は禁止 環境省が規制案

有料会員記事

川田俊男
[PR]

 環境省は5日、生態系への影響が深刻な外来種アメリカザリガニとアカミミガメ(ミドリガメ)について、一般人が捕まえた個体をペットとして飼うことは認めたうえで、野外への放出などは禁止する新たな規制の素案を示した。来年の通常国会に外来生物法の改正案を提出したい考えだ。

 この日の中央環境審議会の小委員会で、答申の素案が大筋で了承された。意見募集したうえで正式に決める。

 答申の素案では、外来生物法で無許可に野外放出や飼育などを禁じる「特定外来生物」の枠組みに、この2種のために例外を設ける。野外放出や販売などは禁止しながら一般の人が捕まえたり、すでに飼っていたりする個体をペットとして飼育、譲渡することを認める規制の仕組みが必要とした。

 アメリカザリガニやミドリガ…

この記事は有料会員記事です。残り252文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら