海自護衛艦、台湾東側海域で共同訓練 米英空母3隻も参加

[PR]

 岸信夫防衛相は5日の記者会見で、米英両国の空母計3隻と海上自衛隊護衛艦「いせ」などが2、3の両日に沖縄南西方面の海域で共同訓練した、と発表した。防衛省関係者によると、訓練は台湾の東側海域で実施されたといい、空母3隻が参加するのは異例。海洋進出を強める中国を念頭においたとみられる。

 訓練に参加した空母は、空母打撃群を構成してインド太平洋地域を航行中の「クイーン・エリザベス」(英国)と、「ロナルド・レーガン」「カール・ビンソン」(いずれも米国)。このほか、オランダカナダニュージーランドの艦艇も加わり、計17隻の規模で行った。

 台湾をめぐっては、今月に入り、中国軍機が台湾の防空識別圏に相次いで進入している。