「全ての温暖化予測の基礎」 真鍋さんの研究、複雑な大気の流れ解析

有料会員記事

[PR]

 地球温暖化自然現象だけの結果ではなく、人間の活動が大きく影響している――。ノーベル物理学賞の受賞が決まった気象学者の真鍋淑郎さんらは、二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスが地球の気温を上昇させていることを理論的に証明。世界の環境政策に大きな影響を与えた。

 「地球は温暖化しているのでしょうか。イエスです。その原因は何ですか。温室効果ガスです」

 ノーベル財団は、授賞理由の説明で、地球温暖化と人類の活動の関係をそう断言した。

 大気が熱の放出を防ぐことで、地球全体の気温が上がる「温室効果」。この現象そのものは、200年前から知られていた。

 地球は太陽の熱を受けて温められる一方、たまった熱は赤外線として宇宙に放出される。温度が上がれば放出も増えるため、地球の気温は一定の温度で釣り合いがとれるはずだ。

 ところが、実際の地球では…

この記事は有料会員記事です。残り732文字有料会員になると続きをお読みいただけます。