ユージン・スミスのまなざし今も 残された人たちのMINAMATA

有料会員記事

奥村智司
[PR]

 写真家ユージン・スミス(1918~78)が水俣病を世界に発信しようと現地を訪れてから今年で50年。ユージンの「MINAMATA」は国内外で活動を続ける人たちに受け継がれてきた。ユージンを描いた映画の国内公開が始まり、この未曽有の公害を伝える動きが広がっている。

 「ユージンから暗室作業を習ったから、彼のやり方というか癖がしみついてるんですよね」。9月中旬、東京都内のスタジオにある暗室。カメラマンの石川武志さん(71)は熊本県水俣市で50年前にユージンを撮影した写真を焼いていた。

 かざした手をもむように素早く動かし、印画紙に当てる光を調節する。映画「MINAMATA」でユージンを演じたジョニー・デップが、暗室のシーンで似た手つきをしていた。

 ユージンと妻のアイリーン・美緒子・スミスさん(71)が水俣に滞在した71~74年、石川さんは起居を共にしながらアシスタントを務めた。

 ユージンの水俣病の写真は、苦しむ患者の顔や姿をとらえて被害を訴えるのではなく、病を背負いながら暮らす姿を寄り添うようにして収めた、と石川さんは感じている。「つまりは人間を撮っている。それが他の写真と違う点ではないか」

ジョニー・デップが聞いた、写真の声

 写真は小さな声だがときに物…

この記事は有料会員記事です。残り1210文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
MINAMATA

MINAMATA

水俣病と水俣に生きる人々を撮り、世界に伝えた米国の写真家ユージン・スミス。彼の写真とまなざしは、現代もなお終わらない受難を照らしている。[記事一覧へ]