ライトアップ多彩、映える熊本・小国の秋 ツアーモニター募集

城戸康秀
[PR]

 宿泊客を呼び込む新たな観光スポットづくりをめざして、熊本県小国町がライトアップした名所をめぐるモニターツアーを企画し、参加者を募っている。

 ツアー開催前の5日夜、鍋ケ滝(同町黒渕)を多彩な色でライトアップする様子が関係者に公開された。鍋ケ滝に向けて放たれた光が流れ落ちる水を彩る様子を町などの関係者らがスマートフォンで撮影し、「映(ば)え具合」をチェックした。

 新型コロナ禍で町内の観光業が苦境に陥るなか、観光資源を活用して町内への宿泊につなげる狙い。ライトアップするのは鍋ケ滝のほか、大イチョウ(同町下城)、鍋釜滝、下城滝。イチョウの色づきはこれからだが、黄色のライトで浮かび上がらせるという。

 ツアーは14日~11月6日の木・金・土、1日30人の定員で実施する。町内の宿泊施設を利用することが条件で、ツアー参加は無料。町のホームページ(https://www.town.kumamoto-oguni.lg.jp/q/aview/140/2000.html別ウインドウで開きます)から事前に申し込む。(城戸康秀)