「偉大な先輩に刺激」「温暖化意識高まる」 真鍋さん受賞に祝福の声

有料会員記事

[PR]

 米国プリンストン大の気象学者、真鍋淑郎さん(90)のノーベル物理学賞の受賞決定から一夜明けた6日も、ゆかりの人たちから喜びの声が相次いだ。

 母校の愛媛県立三島高校(四国中央市三島中央5丁目)。鈴木斎(ひとし)校長が6日朝、全校放送で「皆さんと同じ場所で学び、青春の日々を過ごされた真鍋先生の快挙を誇りに思い、これまで以上に大きな夢や希望を持って、これからの生活を歩んでくれることを期待します」と呼びかけた。

 理系を選択する生徒が集まる2年3組の教室では、受賞を報じる記事が配られた。三宅陽仁(はると)さん(16)は「素直にすごいという言葉しか出ない」。受賞の報を見るまでは、真鍋さんが卒業生とは知らなかったが、記事を読んで業績を知った。得意教科の地理でも気候について学ぶ。「地元の偉大な先輩に刺激されました。勉強を頑張って先輩のようになってみたい」

 秦夕夏さん(17)は、気候を研究する真鍋さんが物理学賞を受賞することに驚いたという。「誇らしく感じた」

 東京・虎ノ門の気象庁2階にある「気象科学館」の見学者からも賛辞の声が上がった。東京都品川区の男性(56)は「温暖化への一人ひとりの意識も高まるのでは」と話した。練馬区のアルバイト女性(45)は小学4年の長男に科学への関心を持ってもらおうと、これまで3回同館に連れてきた。長男も受賞を喜んでいたという。「気象など科学への関心が深まるいいきっかけになったはず。将来に生かしてほしい」と話した。

 研究者らも快挙を喜ぶ。 「真鍋さんは気候予測の基礎を作った人。この分野を学ぼうとする人は必ず彼の名前を目にするはず」とたたえたのは日本気象学会名誉会員で、東北大学名誉教授の近藤純正さん(88)。初めて出会ったのは、近藤さんが20代後半、東北大の大学院生だった頃だ。近藤さんの師にあたる同大の山本義一教授(故人)の講演に度々顔を出していたことを覚えているという。「力学、放射学など、異なる分野をまたいで勉強をされていたのが印象的だった」と話す。

 真鍋さんが書いた大気循環に…

この記事は有料会員記事です。残り580文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!