クワガタ名人が広げる昆虫食 「へぼ」食文化の岐阜に自販機お目見え

有料会員記事

板倉吉延
[PR]

 食糧問題を解決する手段の一つとして注目される昆虫食。今月、岐阜市内にコオロギやバッタ、ゲンゴロウなどの昆虫食の自動販売機が登場した。設置した昆虫販売店経営、野平英一郎さん(57)は「岐阜の山間部では元々食べていた。自販機で身近に味わってもらい、地球環境などを考えるきっかけになれば」と話している。

 野平さんは、岐阜市日野北6丁目で昆虫販売店「くわがた村」を営む。自ら採取したオオクワガタなどの昆虫を販売するほか、昆虫採集や飼い方のワークショップなどを開いている。

 昆虫食を通して昆虫に関心を持ってもらおうと、長崎県佐世保市で昆虫食を生産する「はまる食品」の協力で店の前に自販機を設置した。同社によると、自販機の設置は国内で約20カ所目で、東海地方では初めてという。

 コオロギやバッタ、イナゴの素揚げ、乾燥させたもの、コオロギのパウダーを10%練りこんだクッキーなど計10品を、いずれも千円(税込み)で販売。1袋には、昆虫の種類により10~20匹ほど(6~10グラム)が入っている。昆虫は主にタイなど東南アジアから冷凍で輸入し、国内で「日本人の舌に合うように」加工しているという。

 1日にあった設置イベントには、ご当地タレントの2人が昆虫食を自販機から買い求め、試食した。素揚げのゲンゴロウを口にした塚本明里さん(31)は「硬めのエビフライの尻尾のよう。香ばしくておいしい」。宮木梨花さん(23)は「友だちと食べたら盛り上がりそう」と話した。

 鹿児島県出身の野平さんは…

この記事は有料会員記事です。残り576文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    露木志奈
    (環境活動家)
    2021年10月7日14時42分 投稿

    【視点】地球温暖化の悪化に伴い、食糧危機を考えなければいけなくなってきている今、昆虫食は世界的にも注目されてきていますね。自動販売機だけでなく、最近は日本のスーパーでも昆虫食のお菓子などが手に入るようになってきました。 今後、昆虫食を食べる機会が