• アピタル

「走る集中治療室」 ECMOカー、九州で初めて福岡大病院に

新型コロナウイルス

安田朋起
[PR]

 新型コロナウイルスの重症患者を広域搬送できる「ECMO(エクモ)カー」を福岡大学病院(福岡市)が九州で初めて導入し、6日報道陣に公開した。ECMO(体外式膜型人工肺)を装着した患者向けの専用ストレッチャーや大容量電源、広い作業スペースなどを備えた「動く集中治療室」。九州・山口で県境を越えて重症患者を受け入れるのに役立てる。

 ECMOは血液を体外に出して酸素を加え再び体内に戻す装置で、命を守る最後のとりでとも言われる。ECMOカーは普通の救急車の約2倍の酸素ボンベと10倍程度の電源を備え、専用ストレッチャーの両サイドから医師らがかがまずに患者の容体急変などに対応できるため、長距離でも搬送が可能。医療従事者が最大7人乗車でき、災害時は災害派遣医療チーム(DMAT)用のドクターカーとしても使うという。1台約4千万円。今月1日から運用を開始した。

 福岡大病院は昨年7月にECMOセンターを設置。九州地区の統括拠点として患者受け入れや人材育成なども担っている。石倉宏恭センター長は「導入は非常にうれしい。九州一円に活動範囲を広げ、高度な医療を提供したい」と話した。(安田朋起)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]