今夜は和食で だしあふれる京の味 お揚げとお菜っ葉のお汁もの

有料会員記事

編集委員・長沢美津子
写真・図版
お揚げと菜っ葉のお汁もの=合田昌弘撮影

記事の後半で、作り方のポイントを動画でご覧いただけます

[PR]

ごはんラボ お揚げとお菜っ葉のお汁もの

 「お揚げさん」の使いこなしを探るシリーズの最後は、たっぷりのだしごと食べる青菜との煮物です。油揚げのコクが野菜の淡泊さに加わり、料理名に「お」が三つつくほど、京都の台所で愛されている味です。寒さに向かって旬の小松菜を使いますが、それぞれの地域のお菜っ葉で楽しんでください。

 作り方は、水を入れた鍋に順々に材料を加えていくだけです。煮干しと昆布は、うまみの濃いお総菜向きのだしがとれます。レシピの漬け時間は15分ほどとしましたが、時間がなくてすぐ火にかけても、それなりの味は出てくれます。油揚げがうまみの底上げも果たします。

 青菜を手早く煮た時の鮮やかな緑色も、コンロの上で熱い煮汁に入ったままだと茶色くくすんできます。すぐ器に盛るのもコツのひとつです。

 もう一品は「お揚げとキャベツの炊いたん」。汁の量は少なく、キャベツの甘みを吸ったお揚げが、また別のおいしさです。(編集委員・長沢美津子

材料・2人前 料理監修:杉本節子さん(料理研究家)

□ 油揚げ 50g

□ 小松菜 3株(150g)

□ 水 300ml

□ 昆布 5cm角1枚

□ 煮干し 8g

□ みりん 大さじ2

□ 薄口しょうゆ 大さじ1

□ 塩 小さじ1/6

【作り方】

①油揚げはキッチンペーパーにはさんで軽く押し、表面の油を取る。長さ4cmで幅2cmほどの短冊に切る。

②小松菜は3~4cmの長さに…

この記事は有料会員記事です。残り1021文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!