A.B.CーZ河合郁人がめざす優しいMC 勘違いを変えたきっかけ

有料会員記事

聞き手・小原智恵
[PR]

 バラエティーや情報番組のMCとしても頭角を現し始めたA.B.C―Zの河合郁人(33)。特番「絶滅料理よ いざ復活! ロストグルメ3」(TBS系、9日午後2時)では、加藤浩次とタッグを組んでのMCに初挑戦する。河合が目指すMC像や、来年2月にデビュー10周年を迎えるグループの未来について聞いた。

 ――今回の番組MCはどうでしたか。

 加藤さんに助けていただいた部分もたくさんありましたし、僕が安心して進行できるようにいろいろとフォローしてくださったのはありがたかったです。

 加藤さんとMCをやらせていただけるとは夢にも思わなくて、勉強させてもらい、いい経験になりました。

 ――加藤さんから学んだところはどんなところですか。

 みなさん、加藤さんに対して怖いイメージや、こわもてなイメージがあると思います。こわもてでもものすごい気配りができる方で、すごく親しみやすくてこっちが甘えたくなるくらいなほどでした。

 優しい空気感をつくられるのが上手な方だなと思いましたね。

それぞれのメンバーが様々なジャンルで活躍し勢いにのる中で迎えるA.B.C―Zデビュー10周年。やりたいことができているのは、「まわりの方に見つけていただいた」と言います。記事後半ではグループのこれからMCとして大事にしていることを話します。食事でジャニーさんに怒られたエピソードも紹介しています。

 ――MCとしての顔を見ることが多くなりました。アイドルとしての活動だけでなくMCとしての仕事をするようになった転換期はありますか。

 MC自体は「昔からやりたいな」と思っていましたし、僕の夢でもあります。

 MCができるようにバラエティーを勉強し、プライベートでも芸人さんと会話させてもらい備えていました。

 きっかけは、僕の中ではどうだろう……。

 1、2年くらい前からバラエ…

この記事は有料会員記事です。残り3612文字有料会員になると続きをお読みいただけます。