「親ガチャでなく、国ガチャ」 論争の火付け役が語る世代間ギャップ

有料会員記事

聞き手・稲垣直人
[PR]

 「自分の親や家庭環境のせいで、人生が望み通りにいかなくなった」――。そんな見方を表す「親ガチャ」という言葉を巡り、主にネット上で論争が盛り上がっている。賛成、反対どちらであれ、なぜ親ガチャという人生観は多くの人の心に刺さるのか。オンライン記事で今回の論争に火を付けたといわれる社会学者、土井隆義筑波大学教授に聞いた。

 ――親ガチャは、1、2年前から言われたSNSスラングと言われますが、最近、ネット上をにぎわせています。早くからこの言葉に着目してきた立場からどう見ますか。

 「私のオンライン記事が9月に配信された直後、ツイッターで急激に取り上げられ始めました。実は私は7月にも、北海道新聞にこのテーマのコラムを書いたのですが、これほどの論争には発展しませんでした」

 ――その差は何でしょう?

 「東京以外で発行されている紙媒体である新聞に、ネットを駆使する層はあまり目を通さないからだと思います。ネットに乗って初めて、若者と中高年のあいだの世代間論争のようなことが起きています」

後半では「親ガチャ」に関する世代間ギャップや世代内格差について語り、所得再分配の面では「日本は外れ」と語ります。

 ――世代間論争ですか…

この記事は有料会員記事です。残り3845文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら