アーセナルでも得た信頼 日本代表・冨安が苦手な「頭」を鍛えた理由

有料会員記事

勝見壮史
[PR]

 いまのサッカー日本代表で唯一、欧州のビッグクラブで定位置を確保している。この夏、イングランドアーセナルに移籍したDF冨安健洋だ。

 7日(日本時間8日午前2時)に敵地で臨むワールドカップ(W杯)アジア最終予選サウジアラビア戦で、最も頼りになるセンターバックだ。

 伸び盛りの22歳にとって、サウジには思い出がある。

 2019年1月のアジアカップ決勝トーナメント1回戦。代表初ゴールとなる決勝点を、CKから頭で奪った相手がサウジだった。

 当時、冨安はヘディングを特訓中だった。

 「ヘディングをやらせてください」

 元日本代表センターバックの…

この記事は有料会員記事です。残り866文字有料会員になると続きをお読みいただけます。