阪神梅田本店、新装開店前に内覧会 おやつコーナーも

有料会員記事

宮川純一
[PR]

 建て替え工事中の阪神梅田本店(大阪市北区)が8日に大半を開業する。飲食関係フロアを充実させたのが特徴で、6日に開かれた内覧会では、応募で選ばれた人たちや関係者が新しくなった店内で買い物や食事を楽しんだ。

 改装前は雑貨などの売り場だった1階にパンや紅茶、コーヒーなどの飲食品の売り場を設けた。「おやつのひきだし」というコーナーでは全国各地のおかしを販売。週替わりで食のイベントなどを開くスペース「食祭テラス」では今月、広島と大阪のお好み焼き対決などのイベントを開く予定。

 9階には、様々なジャンルの料理を楽しめるフードホールを含むレストラン街、地下2階には1人でも気軽に入れる店など19店の飲食店街「阪神バル横丁」も設けた。

 内覧会に母親と来ていた30…

この記事は有料会員記事です。残り245文字有料会員になると続きをお読みいただけます。