元西武投手の野田さん、ボートレーサーに挑む 半年で23kg減量

有料会員記事

外尾誠
[PR]

 福岡県糸島市出身で、プロ野球・西武の投手として活躍した野田昇吾さん(28)が5日、柳川市にある「ボートレーサー養成所」で入所式に臨んだ。来年11月のデビューに向け、1年間の厳しい訓練生活に入った。式後の記者会見で「覚えることがたくさんあるが、頑張ってトップレーサーを目指したい」と抱負を語った。

 日本モーターボート競走会などによると、野田さんは鹿児島実業高校(鹿児島市)で2年夏と3年春に甲子園に出場し、社会人野球の西濃運輸を経て、ドラフト3位(2015年)で西武に入団。身長166センチと小柄ながら中継ぎ投手として活躍し、2017年には「ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ」の日本代表「侍ジャパン」にも選ばれた。

 昨年11月に戦力外通告を受…

この記事は有料会員記事です。残り502文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    稲崎航一
    (朝日新聞編集委員=スポーツ、野球)
    2021年10月8日0時7分 投稿

    【視点】小柄ながら、投げっぷりのいい左腕でした。 2011年、高校3年夏の甲子園を逃しながら、直後のアジアAAA選手権の全日本メンバーに選ばれたほど、切れのいい球が評価されていました。 日大三の吉永健太朗投手(後に早大)、東洋大姫路の原