現場手前から「記憶ない」、常習的に飲酒運転か 児童5人死傷事故

有料会員記事

藤谷和広、多田晃子 上保晃平、石垣明真
[PR]

 千葉県八街市飲酒運転のトラックに下校中の小学生がはねられ児童5人が死傷した事故で、自動車運転死傷処罰法違反(危険運転致死傷)罪に問われた無職梅沢洋被告(60)は6日、千葉地裁の初公判で起訴内容を認めた。公判では、事故に至る詳細な経緯が明らかになったほか、梅沢被告の飲酒運転が常態化していたことが浮き彫りになった。

 梅沢被告は濃いグレーのジャケットを着用し、落ち着いた様子で出廷。罪状認否では「(間違いは)ないと思います」と、はっきりした口調で言い切った。

 被告はどのような状況で飲酒し、事故を起こしたのか。検察側は冒頭陳述で事故の経緯を説明した。

 被告は6月28日午後、東京都内の建設現場から八街市内の勤務先に帰る途中、立ち寄ったコンビニでアルコール度数が20度の焼酎(220ミリリットル)などを購入。千葉市内の高速道路のパーキングエリア(PA)で昼食をとりながら、焼酎をすべて飲みきった。

 その後、PAを出発したトラックは左右に寄ったり、方向指示器を点滅させたまま走行したりした。事故現場の約120メートル手前でアルコールの影響で仮睡状態に陥り、時速約56キロで斜め前方に進み、左側の畑に脱輪しながら電柱に衝突。前方左端から歩いてきた児童を次々にはねたという。

 証拠調べでは被告の供述や防犯カメラの映像をもとに、事故直前の状況が示された。被告は事故現場の200メートル手前から「ここ(事故現場)までの記憶がありません」と供述。近くの防犯カメラの映像によると、被告は普段、運転席の背もたれに寄りかかって運転しているが、事故当日は背中を浮かせ、少し前かがみで運転していたことも明らかにされた。

 県警などによると、被告は事故直後、「人が飛び出してきたのでよけた」などと話していたが、検察側によると、防犯カメラにはトラックの前に飛び出した人やモノはうつっていなかったという。

 検察側は、被告が事故以前から常習的に飲酒運転をしていたことにも言及。冒頭陳述では、被告が勤務先から複数回注意されたが「聞き流し、その後も飲酒運転を続けた」と指摘。証拠調べでは「(被告が)酒を飲むと寝てしまうのを見たことがある」とする同僚の供述も紹介した。

 公判では被害者参加制度に基づき、周囲から見えないよう仕切り板に囲われる形で被害児童の関係者が傍聴した。次回は11月15日に検察側の証人尋問と被告人質問が行われる。(藤谷和広、多田晃子)

■「酒の影響、立証は十分」 …

この記事は有料会員記事です。残り912文字有料会員になると続きをお読みいただけます。