山形県高畠町の自動運転、南北2ルート 11日から実証実験

石井力
[PR]

 山形県高畠町での自動運転の実証実験は、10月11日に始まることになった。11月12日まで約1カ月、平日に公立高畠病院を起点と終点にして、スーパーや薬局などを回る南北の2ルートで実施、近距離移動の有効性などを探る。

 実験は2018年に続き2度目。北ルート(1・8キロ)は高畠病院から町役場やスーパーキムラなどの停留所を経て、同病院に戻る。南ルート(1・4キロ)は同病院からヤマザワやツルハドラッグなどの停留所を経て同病院に戻る。両ルートとも1日に5便運行する。

 自動運転は町役場と同病院の敷地内で主に実施。走行ルートに磁石を1~2メートル間隔に埋め込み、車のセンサーが磁力を検知して、位置を補正しながら走行する。運転手が乗車して安全を確認しながら走行する「レベル2」で、時速12キロ以下で走る。公道部分は時速20キロ未満で運転手が手動運転する。

 車はカートタイプで7人乗り。1回の乗客は5人までで、料金は1回1人200円。町のデマンド交通を合わせて利用する人と、小学生以下は無料。乗車には利用者登録が必要。予約利用が原則で、空きがあれば停留所で乗れる。町などでつくる協議会がチラシをつくるなどし、町民に広報している。(石井力)