日大理事らを逮捕 病院建て替えめぐる背任容疑 東京地検特捜部

[PR]

 日本大学の付属病院の建て替え工事をめぐり、日大の資金2億2千万円を外部に流出させて大学に損害を与えたとして、東京地検特捜部は7日、日大理事の井ノ口忠男容疑者(64)と医療法人「錦秀会(きんしゅうかい)」(大阪市)の前理事長・籔本雅巳容疑者(61)を背任容疑で逮捕し、発表した。

 2人は任意の事情聴取では容疑を否認していたとされる。

 関係者によると、日大は2019年12月、医学部付属板橋病院(東京都板橋区)の建て替え工事の設計・監理業者を選ぶ「プロポーザル」(提案型の審査)業務を、井ノ口容疑者が取締役を務める完全子会社日本大学事業部」(世田谷区)に委託した。事業部は、参加した4社のうち都内の設計事務所を選んだ。

 日大は、価格交渉した事業部の提案通り、20年4月に24億4千万円で設計事務所と契約し、一部の約7億3千万円を同年7月に支払った。翌8月、このうち2億2千万円が、籔本容疑者が全額出資した実体のないペーパー会社に「コンサルタント料」名目で送金された。

 特捜部は、送金は井ノ口容疑者の指示で実行されたとみており、日大から委託された任務に背いて大学に不要な支出をさせて損害を与えたとして逮捕に踏み切った。籔本容疑者については、井ノ口容疑者の犯行に加担した「身分なき共犯」にあたると判断した。

 籔本容疑者が出資したペーパー会社に2億2千万円が流出した直後の9月には、錦秀会の関連会社から井ノ口容疑者の知人側のコンサル会社に6600万円が送金された。このうち3千万円は知人側の別会社に移され、知人はこのうち計2500万円を今年3月と6月に井ノ口容疑者に手渡したという。

 井ノ口容疑者は日大の田中英寿理事長の側近。アメリカンフットボール部のコーチだった18年、悪質タックル問題で選手らに口封じしたとされ、同年7月に日大理事と事業部の事業企画部長を辞任した。19年12月に事業部取締役、20年9月に日大理事に復帰した。

 錦秀会は関西屈指の医療法人グループで、理事長だった籔本容疑者は田中氏とはアマチュア相撲を統括する日本相撲連盟の副会長を共に務め、井ノ口容疑者とも親しいという。

 特捜部は9月8~9日、日大本部、日大事業部のほか、田中氏の自宅や理事長室、錦秀会の関連会社などを一斉捜索し、資料の分析や関係者の聴取を進めていた。籔本容疑者は9月17日付で理事長を辞任した。