赤木さん妻の手紙、首相「受け取った上で考えたい」 森友再調査巡り

有料会員記事

[PR]

 学校法人森友学園への国有地売却をめぐる財務省の公文書改ざん問題で、改ざんに関与させられ自死した近畿財務局職員、赤木俊夫さん(当時54)の妻・雅子さんが、岸田文雄首相に再調査を求める手紙を首相官邸宛てに送ったことについて、首相は7日、「お手紙受け取った上で、この対応について考えたいと思う」と語った。訪問先の静岡市清水区で記者団の取材に答えた。

 雅子さんは6日に、首相に対し「夫が正しいことをしたこと、それに対して財務省がどのような対応をしたのか調査してください」などと求める手紙を郵送。7日に会見した雅子さんは「岸田首相は話を聞くのが得意だと話していたので、聞いていただこうと思い手紙を出した」と話した。

 改ざん問題では、2018年6月、自民党の総務会で財務省調査への異論が相いだことを受け、竹下亘総務会長(当時)が財務省の調査結果への違和感を表明。党として検証する意向を示し、当時、政調会長だった首相と協議したこともある。

 首相はこの日、記者団からそ…

この記事は有料会員記事です。残り298文字有料会員になると続きをお読みいただけます。