オフィスのリニューアル請負人 仕上がり、まるでリビング

有料会員記事

古賀大己
[PR]

 イノベーションを促すオフィスを作り続けている。三井デザインテックの岡村英司さん(42)が刷新を担った顧客のオフィスは、これまでにおよそ5万坪。働き手を大切にしたという職場は、まるでリビングのようだ。

写真・図版
三井デザインテックのオフィスには調度品にもこだわったリラックスルームがある=大野洋介撮影

おかむら・えいじ 1979年、香川県生まれ。2001年に三井不動産に入り、オフィス営業などを担当。16年に三井デザインテックに出向し、現在はワークスタイル戦略グループ長。

 カフェの周囲に、机を不規則に並べた。出入り口の数は絞り、動線をコントロール。一見、使いづらそうだが、社員同士が立場や部署を超えてふれ合いやすい。

 まるで家のリビングのようなオフィスは、顧客企業である金融機関からの依頼でデザインした。合併で大きくなった金融機関から、旧組織の出身者の間にある心理的な距離を縮めたい、との要望があった。

 オフィスのデザインを受注したら、顧客企業の経営者に必ず聞く。「どんな会社にしたいのか」「何を実現したいのか」

 答えはさまざまだ。アイデアを生み出す会社にしたい。地域住民に親しまれたい。経営方針を社員に浸透させたい――。

 経営者だけでなく、社員も交えたワークショップを重ねる。課題やアイデアを付箋(ふせん)に記し、ホワイトボードにはっていく。オフィスをデザインする出発点だ。

 刷新したオフィスはこれまでに26社の計5万坪。それぞれの顧客ニーズを踏まえるから、デザインはすべて違う。

クライアントの管理職に研修も

 オフィスのデザインはコンサ…

この記事は有料会員記事です。残り799文字有料会員になると続きをお読みいただけます。