東京・埼玉で震度5強 津波の心配はなし M5.9

【動画】地震発生直後、揺れる朝日新聞社の編集局内
[PR]

 7日午後10時41分ごろ、千葉県北西部を震源とする地震があり、東京都足立区埼玉県川口市、同県宮代町で震度5強を観測した。震源の深さは75キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5・9。気象庁によると、東京23区内で震度5強を観測したのは、2011年3月11日の東日本大震災以来。津波は発生しなかった。

 このほか、震度5弱を東京都大田区町田市さいたま市緑区千葉市中央区横浜市中区などで観測した。気象庁は「揺れが強かった地域では1週間程度、最大震度5強程度の地震に注意を」としている。

 千葉県内各地の消防によると、県内では4人が負傷した。富里市の10代女性は階段から落ちて足にけがをした。柏市では80代女性が転倒して右肩をけがしたほか、10代女性が頭をぶつけてけがをしたとの情報がある。また、茂原市では70代女性が自宅で転倒し足にけがを負ったという。

 総務省消防庁によると、東京都内では水道管が数十件破裂したとの情報が寄せられているという。

 交通にも影響が出た。新幹線各線は、東北、上越・北陸が一時運転を見合わせた。東海道新幹線の東京―小田原間のほか、首都圏のJRの在来線各線や私鉄でも運転見合わせが発生した。首都高や東名高速道路などの高速道路も広い範囲で通行止めになった。