狙われた柴崎岳、痛恨のパスミス 2敗目、追い込まれた森保J

[PR]

 サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選は7日、各地であり、B組の日本(世界ランキング26位)はサウジアラビア(同56位)と敵地のジッダで対戦し、0―1で敗れた。日本は後半26分にバックパスを奪われて失点した。日本は1勝2敗で勝ち点は3のまま。サウジアラビアは3連勝で勝ち点9。日本の次戦は12日、埼玉スタジアムオーストラリア(同32位)と対戦する。

 厳しい戦いの中で、あってはならないミスだった。

 後半26分、右サイドのハーフウェーライン付近でボールを持ったMF柴崎岳がDF吉田麻也に送ったバックパスが左にずれた。素早く反応したサウジアラビアのFWブリカンに奪われ、GK権田修一と1対1に。権田の股を抜くシュートを決められた。

 観客の入場制限が撤廃され、完全アウェーの雰囲気の中で行われた試合。立ち上がりから一進一退の攻防が繰り広げられた。

 前半に決定的なチャンスを作ったのは日本だった。29分、MF鎌田大地の縦パスにFW大迫勇也が抜け出した。しかし、シュートはGKに左手で防がれた。

 後半はサウジアラビアにペースを握られた。5分、中盤で柴崎がボールを失うと、カウンターを受ける。GK権田の左足での好セーブでことなきを得た。

 ただ、この場面にも象徴されるように柴崎はサウジアラビアからボールの奪いどころとして狙われ、ミスが増えていた。問題点を修正できないままに失点。MF守田英正と交代したのはその直後だった。

 1点を追う日本は途中出場のMF原口元気とFW古橋亨梧の連係などでチャンスを作ったもののゴールは奪えなかった。試合終了の笛が鳴ると、敵地のスタジアムは大歓声に包まれた。

 3試合を終えて1勝2敗。これまでに日本がW杯の本大会に出場した最終予選で、3戦目までに2敗したことはない。序盤からつまずき、追い込まれた状況で、次はライバル、オーストラリア戦に臨む。

 試合後、森保一監督は「まだまだ諦めなければ、必ずW杯に行ける切符はつかみ取れると思っている」。主将の吉田は「予選が終わったわけではない。次、オーストラリアに勝つしかない。結果が出なければ協会、監督、選手が責任をとる覚悟はできている。終わってから判断してもらえばいい」。ともに険しい表情で言った。