「外交、安全保障の要諦は信頼」日米同盟を強化 岸田首相所信表明④

有料会員記事

[PR]

 岸田文雄首相は8日午後、衆参両院の本会議で、首相に就任して初めての所信表明演説を行った。

    ◇

①から順に配信します。

第三の政策 国民を守り抜く、外交・安全保障

 私の内閣の三つ目の重点政策は、「国民を守り抜く、外交、安全保障」です。

 私は、外交、安全保障の要諦は、「信頼」だと確信しています。

 先人たちの努力により、世界から得た「信頼」を基礎に、三つの強い「覚悟」をもって毅然(きぜん)とした外交を進めます。

 第一に、自由、民主主義、人権、法の支配といった普遍的価値を守り抜く覚悟です。

 米国をはじめ、豪州、インド、ASEAN、欧州などの同盟国・同志国と連携し、日米豪印も活用しながら、「自由で開かれたインド太平洋」を力強く推進します。

人権問題の対応は「省庁横断的に」

 深刻化する国際社会の人権問…

この記事は有料会員記事です。残り1195文字有料会員になると続きをお読みいただけます。