ドラ1候補は「理系脳」 2週間で150km超え、急成長の裏に

有料会員記事

山口史朗
[PR]

 ドラフト1位候補の左腕はどこまでも冷静だった。

 「(1位候補と言われることは)気になりません。さすがに当日は緊張すると思うけど、自分が緊張したところで何が変わるわけでもない。考えても無駄じゃないですか。無駄なことは好きじゃないんで」

 筑波大の佐藤隼輔(21)はそう言って笑った。国公立大の選手としては1996年の杉本友(筑波大)以来、史上2人目の1位指名の期待がかかる。

 そのことを聞いても「2人目じゃないですか。『史上初』じゃないので」と意に介さない。

さとう・しゅんすけ 

2000年1月3日生まれ。仙台高3年の夏は宮城大会で8強入り。勉強の得意科目は数学と物理。苦手は国語で「テストでいつも足を引っ張っていた」。身長182センチ、体重82キロ。

 仙台高時代からプロの注目を浴びた左腕は、自らを「理系の頭」と分析する。「やらされる練習は好きじゃない。研究しながら野球の練習もできる」と4年前、筑波大からプロを目指すことを選択した。

 言葉通り、投球への理解を深めた3年半だった。

 スポーツや健康に関する研究を行う体育専門学群に所属。「解剖学筋肉の作りを学びました。トレーニングがどの部位に効いて、その部位を投球でどう使うのか、イメージをしっかり持つことができた」。たとえば、投球時に「腹を締めろ」と言われれば、具体的には「腹斜筋をつぶす」ことを意識した。

 2年春に大きく球速を上げたのは、こうしたはっきりとした目的を持ったトレーニングの成果だった。

 その名も、「スピードアッププログラム」。

 立ち五段跳びや横向きのジャ…

この記事は有料会員記事です。残り724文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら