匂い→「おいしい」どう記憶 快楽物質によるメカニズムを解明

有料会員記事

矢田文
[PR]

 「おいしい匂い」は、どうやって脳に刻み込まれるのか。米カリフォルニア大アーバイン校と福井大の共同研究チームが、その記憶が作り出される仕組みを解明した。食べ物の匂いとおいしい体験を結ぶカギは、快楽をもたらす神経伝達物質のドーパミンだった。

 「おいしい」という経験をした食べ物は、その後匂いをかいだだけで味を思い出し「おいしい」という気持ちになる。だが、匂いという刺激が味(記憶)を呼び起こすのは日常的な体験なのに、嗅覚(きゅうかく)と記憶がどうやって結びつくのかは、よくわかっていなかった。

 チームは、脳の「嗅内皮質(きゅうないひしつ)」という部位に注目。鼻から吸った匂いの情報が脳へ届く際に、記憶の中枢である脳の「海馬」へ情報を橋渡しする役目を持つ器官だ。ドーパミンを作り出す細胞ともつながっていることから、おいしい匂いの記憶形成で重要な役割を果たしていると考えた。

 マウスに異なる数種類の匂い…

この記事は有料会員記事です。残り526文字有料会員になると続きをお読みいただけます。