コロナの陰謀論を信じ兄らを射殺か 米東部 3人殺害容疑で男を逮捕

有料会員記事新型コロナウイルス

ニューヨーク=藤原学思
[PR]

 米東部メリーランド州で9月、兄とその妻ら3人を殺害したとして、地元警察が46歳の男を第1級殺人容疑などで逮捕した。男は「政府が新型コロナワクチンで人びとを毒殺しようとしている」との陰謀論を信じているといい、当局が詳しい動機を調べている。

 1日に逮捕されたのは、ジェフリー・バーナム容疑者。地元当局によると9月29日、兄(58)とその妻(57)を銃で複数回撃って殺害した疑いがある。その前日には知人女性(83)を刃物で刺して殺し、この女性の車を盗んだ上で兄夫妻の自宅を訪れた。

 訴追資料によると、バーナム容疑者の兄は薬剤師として、新型コロナワクチンを希望者に投与していた。バーナム容疑者はそのことに関して、兄と「対決する必要がある」と考え、同居する母親には「兄は何かを知っている」としきりに語っていたという。

 米国では8月、サーフィン指…

この記事は有料会員記事です。残り212文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]