水の世界でもハロウィーン 連想の生き物たち、神戸・スマスイで展示

[PR]

 神戸市須磨区の市立須磨海浜水族園は「スマスイ・ハッピーハロウィン」と題し、31日までハロウィーンを連想させる6種類の生き物を展示している。

 魔女の使いとして現れるクモにちなむ「ニホンクモヒトデ」、仮装のように体に藻を付けたカニ「モクズショイ」など。おばけやコウモリのパンも販売する。

 同園は再整備中で、ラッコ館やイルカライブ館などはすでに閉館し、現在は本館だけの営業だ。それだけに企画を充実させ、集客の呼び水は切らさない。