山本太郎氏が衆院東京8区から立候補へ 一本化を調整中、野党は困惑

有料会員記事2021衆院選れいわ

北見英城、神沢和敬
[PR]

 れいわ新選組山本太郎代表は8日、次期衆院選に東京8区から出馬すると発表した。同選挙区では立憲民主、共産両党で候補者を一本化する調整が進んでいた。山本氏の「サプライズ」参戦は、「野党共闘」に波紋を広げている。

 「東京8区になります。石原家のご子息のおひざ元」。山本氏は同日夜、JR新宿駅前で、自民党の派閥領袖(りょうしゅう)である石原伸晃・元同党幹事長の東京8区から立候補すると宣言した。通常、候補予定者の発表は記者会見を開くのが通例だが、山本氏は街宣活動の中での発表にこだわった。

 2019年に山本氏が立ち上げたれいわは、同年の参院選で2人を当選させ、国政政党となった。ただ、山本氏は落選。20年の都知事選で山本氏が落選し、今夏の都議選でも議席が取れなかった。党の存在感が低下するなか、山本氏にとって国政復帰は悲願だ。

 山本氏の出馬する選挙区をどこにするかは「サプライズ」(山本氏)だった。他党との交渉材料にするために温存していたカードでもあった。れいわ関係者は「情報統制が徹底されていた」と語る。8日午前、山本氏の出馬を決める党内手続きでも、選挙区は記されていなかった。

 当初は菅義偉前首相のおひざ元である神奈川2区での出馬を模索していたが、首相辞任で菅氏に同情票が集まる可能性を危惧してとりやめた。最終的に東京8区に決めた。

 東京8区は、12年衆院選で山本氏が初めて国政選挙に挑戦した選挙区だ。石原氏に敗れたが、関係者は「山本氏は、そのときのリベンジがしたいと考えている」と解説する。

 ただ、同区には、野党共闘を呼びかける「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」(市民連合)を介して、れいわが共通政策を結ぶ立憲、共産両党がそれぞれ候補者を擁立している。両党間では、立憲新顔の吉田晴美氏に一本化する方向で調整が進んでいたため、困惑が広がる。

 山本氏は「調整しないとこんなことできない」と自らへの一本化の調整が進んでいることを強調したが、聴衆から「吉田さんで決まっていたんですよ」という声が上がった。

 立憲の枝野幸男代表は8日午…

この記事は有料会員記事です。残り741文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]