袋井でラグビーワールドカップ2周年記念展示

長谷川智
[PR]

 【静岡】ラグビーワールドカップ2019から2周年を記念した展示が、袋井市久能のさわやかアリーナ袋井市総合体育館で開かれている。日本が同市のエコパスタジアムでアイルランドを破って「シズオカ・ショック」と言われたが、出場チームのジャージーや写真などが並んでいる。

 エコパでは8チームが試合をしたが、全チームのジャージーやレプリカボール、日本代表が相手に贈った模造刀のレプリカが展示され、チームや試合結果を紹介している。見学者は「2年は早い。コロナ禍もなかった時代」などと振り返っていた。

 来年1月開幕の新リーグに参加する「静岡ブルーレブズ」やエコパを拠点にする女子7人制ラグビー「アザレア・セブン」のグッズもある。31日まで、見学無料。(長谷川智)