伊勢神宮の玄関口で異常事態 駅前の新築ビル、無人のままなぜ半年?

有料会員記事

臼井昭仁
[PR]

 三重県伊勢市の玄関口、伊勢市駅のすぐ前に12階建てのビルがある。

 市の市街地再開発事業で造られたが、手がけた業者と市の「決裂」で、完成したものの無人のまま半年以上が経つ。

 血税もつぎ込まれた一大事業。その行方はいまだ見えない。

頼みの市が…

 伊勢神宮の外宮も見下ろせるビル12階の住宅。7階、5階へと下っていくとフロアの天井の配管はむき出しになっていた。

 当初、市が福祉関連拠点の入居を予定していた場所。案内表示板には「公益施設」と刻まれたままになっている。

 市の再開発事業で、地権者ら…

この記事は有料会員記事です。残り1446文字有料会員になると続きをお読みいただけます。