地震で電車も混乱…テレワークは? 「宣言明けたら出社指示」

有料会員記事東京インサイド

小瀬康太郎、大坪実佳子
[PR]

 首都圏で7日午後10時41分ごろ発生した最大震度5強の地震。一夜明けた8日朝は、各地で交通が混乱し、一部の鉄道駅では入場規制がかかりました。

 コロナ禍で進んだはずのテレワーク。地震という緊急事態で対応することは難しかったのでしょうか。

 それぞれの事情を聞きました。

「生産性が上がるから」 出社指示

 都内のIT関連会社に勤める営業職の男性(57)は8日朝、普段より30分早く家を出て、最寄りのJR蒲田駅に向かった。午前8時前に駅に着いたが、すでにホームは人であふれ、すし詰め状態の電車を1本見送り、会社までたどり着いた。

 この日の朝は会社で打ち合わせの準備をする必要があったため、出社した。夜間の急な地震で、予定の変更は難しかったという。

 緊急事態宣言中は、原則「出勤3割」とされていたが、宣言が明けたとたん、「毎日出社」するように会社から指示された。理由は「生産性が上がるから」。

 だが、「お客さんとの打ち合わせは自宅からウェブ会議でできたのに、今はわざわざ会社に行って同じことをしている」のが現実だ。

 「感染はまだ完全に収まっていないし、毎日出勤する必要はあるのか」と漏らした。

テレワークは「効率が悪い」

 業務の特性上、テレワークが難しいという人もいる。

 金融機関勤務の男性(32)は8日朝、埼玉県戸田市から普段通り都内の職場に出勤した。早めに家を出たが、電車が遅れたため、到着は普段より遅れたという。

 業務では扱う個人情報が多く…

この記事は有料会員記事です。残り1067文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
東京インサイド

東京インサイド

東京の気になるニュースや街の話題が満載。あなたの「!」「?」に答えます。[記事一覧へ]