あまりに素敵な亡き妻の笑顔

有料会員記事

[PR]

それぞれの最終楽章・読者から(1)

■内田守さん(84)=神奈川県厚木市

 妻の一周忌を迎えました。笑顔がものすごく素敵な人でした。思い出すと今も涙がこみ上げてきて、抑えることができません。

 妻が市の定期健診で検査の数値にかなり悪いところが見つかって、膵臓(すいぞう)がんと診断されたのが2019年1月。大学病院の医師によると、直径2・5センチほどの腫瘍(しゅよう)があり、すでに手術不可能な「ステージⅣ」という説明でした。すぐに治療が必要であると言われ、妻を別室に誘導した後、私だけに「余命半年前後」と告げられ、頭の中が真っ白になりました。

 この時まで妻は元気でした。ただ、少し前に「何でも食べられておいしいのに2キロも痩せたの。でも平気よ」と明かしてきたんです。いつもの笑顔でした。

 2人の息子たちに相談して…

この記事は有料会員記事です。残り1063文字有料会員になると続きをお読みいただけます。