大阪・西区の商店街で火災、計4棟焼ける 呉服店の住人か、遺体発見

[PR]

 9日午前6時40分ごろ、大阪市西区九条1丁目の商店街「ナインモール九条」内の店舗付近から出火した。市消防局や大阪府警によると、木造3階建ての「ますや呉服店」の店舗兼住宅や隣接するパチンコ店など計4棟が焼けた。呉服店の焼け跡から遺体が見つかり、府警は連絡が取れなくなっている住人の初鹿野健治さん(75)とみて身元を調べている。

 府警などによると、呉服店の3階から火が出ていると、この家の住人から119番通報があったという。黒煙が高く上がり、消防車など41台が出動し、約2時間半後にほぼ鎮火した。

 現場は大阪メトロ中央線九条駅そばのアーケードのある商店街で、店舗などが密集している。近くに住む男性(68)は「消防車の大きなサイレンを聞いて様子を見に来たらすごい煙が立っていて驚いた」と話した。