• アピタル

コロナ検査キット、異例の薬局販売 政府肝いり 無症状でも使える?

有料会員記事

姫野直行
[PR]

 新型コロナウイルスに感染しているかを調べる抗原定性検査キットの薬局での販売が認められた。手軽に扱え、結果も早く出る一方、PCR検査などと比べて検査精度が劣る課題もある。私たちの日常生活でどう使われるのかを探った。

 抗原検査キットについて厚労省は、薬局での販売を9月27日に認めた。一般に販売できる体外診断用医薬品は妊娠検査薬など複数あるが、市販するための手続きが取られている。コロナ流行時限定とはいえ、医療用の検査キットを市販するのは異例の措置だ。背景には、ワクチン接種が進んだ段階で、経済活動再開を加速するために活用したいとの政府の思惑がある。

PCRより劣る精度 購入は薬剤師と対面で

 検査キットは性質上、PCR検査や抗原定量検査に比べ、感染していても陰性となる「偽陰性」が出やすいとされる。このため購入時には薬局で薬剤師から検体の正しい採取方法など使い方の指導を受け、感染対策を続けることなどを記した書面に署名することを厚労省は求める。症状のない人の使用は推奨していない。

 そのような中で政府が打ち出…

この記事は有料会員記事です。残り1904文字有料会員になると続きをお読みいただけます。