米政府、タリバンと対面協議へ アフガン撤退後初めて

ワシントン=高野遼
[PR]

 米国務省は8日、米政府代表団がカタールの首都ドーハを9~10日に訪問し、アフガニスタンで暫定政権を樹立したイスラム勢力タリバンの高官と直接協議することを明らかにした。8月末の米軍撤退後、対面での高官級協議は初めて。

 国務省報道官によると、米政府は「重要な優先事項」として、▽国外退避を望む米国人や元米軍通訳の現地協力者らに安全な通行を認めること▽米国や同盟国に脅威を与えるテロリストに国土を利用させないこと――をタリバン側に求める方針だという。

 女性を含むすべてのアフガニスタン人の権利を尊重することや、人道危機に対する支援機関に活動の自由を認めることも要求する。

 一方、「今回の協議はタリバン新政権を承認し、正当性を与えるためのものではない」と強調。承認は、今後のタリバンの行動を踏まえて判断するという。(ワシントン=高野遼)