習氏「見くびるな」、台湾統一で強硬姿勢強調 辛亥革命の記念式典

有料会員記事

北京=高田正幸、ワシントン=高野遼
[PR]

 中国の習近平(シーチンピン)国家主席は9日、北京で開かれた辛亥革命110周年の記念式典で演説し、共産党政権の悲願である中台統一について「必ず実現しなければならないし、必ず実現できる」と述べた。国力の向上を背景に将来の統一への意欲と自信を強調したもので、台湾や米国などを強く牽制(けんせい)した。

 党指導部は、孫文が主導して清朝を倒した辛亥革命のきっかけとなった1911年10月10日の武昌蜂起を記念し、10年の節目ごとに式典を開いてきた。

 習氏は人民大会堂に掲げられた孫文の肖像画の前で演説し、台湾との統一問題に言及。台湾独立を目指す動きを「祖国統一の最大の障害で民族の復興の重大なリスク」とし、独立志向の強い台湾の民進党政権を念頭に「祖先を忘れ、国家を分裂させる者にろくな結末はない。人民の軽蔑と歴史の審判を受けるだろう」と強い言葉で批判した。

 さらに習氏は、台湾への肩入れを強める米国などを念頭に「台湾問題は純粋に内政問題であり、いかなる外部からの干渉も容認しない。主権と領土を守る中国人民の断固たる決心と意志と力を見くびるべきではない」と牽制(けんせい)した。

 習氏は2019年1月の演説…

この記事は有料会員記事です。残り906文字有料会員になると続きをお読みいただけます。