第4回保守分裂回避の鹿児島1区 公認争い決着するも「一枚岩」は遠い現実

有料会員記事2021衆院選

奥村智司
[PR]

 迫る衆院選では、自民系の候補者同士が議席を争う「保守分裂」に陥りそうな選挙区が各地にあり、調整を担う党本部や県連の幹部の頭を悩ませている。鹿児島1区では、保守分裂の危機を直前に回避したものの両者の間にはしこりが残る。

 前回の衆院選では、1区現職…

この記事は有料会員記事です。残り908文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!
2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載ルポ 注目選挙区(全40回)

この連載の一覧を見る