四冠目指す藤井聡太三冠、豊島将之竜王との初戦を制す 将棋・竜王戦

村瀬信也
[PR]

 将棋の藤井聡太三冠(19)=王位・叡王・棋聖=が豊島将之竜王(31)に挑戦する第34期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)の第1局が8、9の両日、東京都渋谷区で行われ、藤井三冠が123手で勝った。初の四冠に向けて好スタートを切った。第2局は22、23日に京都市で指される。

 振り駒で先手番を握った藤井三冠が選んだ作戦は、今年になって多用している「相懸かり」。熱戦になったが、藤井三冠が的確な指し手で優位を築いて勝ちきった。藤井三冠は「(2日目開始の時点では)失敗したかなと思っていた。粘り強く指せたかなと思う」、3連覇を目指す豊島竜王は「どこかで間違えたと思う。少しずつ悪くなってしまった。気持ちを切り替えてまた頑張りたい」と話した。

 両者がタイトル戦を戦うのは3回目。藤井三冠は8月に王位戦で豊島竜王を破ってタイトルを防衛。9月には豊島竜王から叡王を奪い、最年少で三冠を達成した。村瀬信也