重鎮・輿石氏が立憲に注文 「枝野個人商店ではダメだ」

有料会員記事2021衆院選立憲

北見英城、鬼原民幸
[PR]

 立憲民主党が結党してから4年。同党の源流、旧民主党の重鎮には、立憲のいまはどう映るのか。野田佳彦政権時に民主党幹事長を務めた輿石東・元参院議員(85)に聞いた。

 ――立憲の現状をどう評価していますか。

 枝野幸男代表を中心に、政権運営を経験しているのが大きい。日本の選挙制度下で、健全な二大政党を作り出すため、選択肢の一つになろうとしている努力は見受けられる。

 ――「努力は」ということは…

この記事は有料会員記事です。残り863文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!
2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]