台湾総統「もはやアジアの孤児ではない」 中国対抗で国際協調に自信

有料会員記事

台北=石田耕一郎
[PR]

 台湾の蔡英文(ツァイインウェン)総統は10日、建国記念の日に相当する「双十節」の式典で演説した。中国軍機による台湾の防空識別圏(ADIZ)への相次ぐ進入に危機感を示し、「一方的に(中台の)現状を変える行為を全力で阻止する」と訴えた。

 蔡氏は今年の演説で、例年に比べて対中問題への具体的な言及を増やした。

 蔡氏は対中政策について、「私たちは緊張緩和を望み、決して無謀な行動をとらない」と従来の方針を繰り返し、対等な条件下での対話による問題解決を求めた。一方で、中国による威嚇の増大に対し「中国からの圧力は強まっており、警戒を緩めてはならない」と人々に呼びかけた。

 また、中国が香港の民主活動家らを取り締まり、中国本土でも1970年代以降の「改革開放政策」を転換しようとしていると指摘。台湾のADIZだけでなく、南シナ海などでも国際秩序を脅かしていると訴えた。その上で、「中国が敷いた道には、台湾が持つ民主主義や自由、主権が含まれていない。台湾は圧力に屈することはない」と強調した。

記事後半では、台湾問題に詳しい東京外語大院の小笠原欣幸教授が演説内容を読み解きます。

 さらに、日本や米国、欧州連…

この記事は有料会員記事です。残り1679文字有料会員になると続きをお読みいただけます。