43歳、人生初の正規雇用 わたしは氷河期世代、やっと捨てた履歴書

有料記事

中塚久美子
[PR]

 43歳。人生で初めて、正規雇用で働く。

 バイト、パート、派遣、嘱託。すべて経験した後に。

 「就職氷河期世代に絞った採用は、私にとって一筋の光でした」

ロスジェネ世代、どう思いますか?

バブル経済崩壊後の就職氷河期(1993~2005年ごろ)に社会に出た世代は、「氷河期世代」や「ロストジェネレーション(ロスジェネ)」などと呼ばれ、いまも非正規就労などの不安定な雇用に苦しむ人が少なくありません。特に、この世代の単身女性は、老後にも大きな不安を抱えています。この状況について、どう考えますか。ご意見、ご体験をお寄せください。

 中高生の子どもを育てるシン…

この記事は有料記事です。残り1210文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。