「ミスター講道館」醍醐敏郎さん死去 柔道10段、95歳

 柔道の事実上の最高位である10段で、現役時代は全日本選手権を2度制覇、1976年モントリオールと84年ロサンゼルスの両五輪で日本代表監督を務めて「ミスター講道館」と呼ばれた醍醐敏郎(だいご・としろう)さんが10日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため、東京都内の病院で亡くなった。95歳だった。

 千葉県出身。旧制安房中(現安房高)で柔道を始めた。東京高等師範(現筑波大)卒業後、教員を経て講道館の研修員となった。戦後の51、54年の全日本選手権で優勝。64年東京五輪ではコーチを務めた。そこから、88年ソウル五輪の翌年春に強化委員長を退任するまで、日本柔道界の一線で指導に当たった。

 通夜、葬儀は家族葬で執り行う予定。後日、講道館がお別れの会を開く。醍醐さんの死去で、生存する10段は大沢慶己さん(95)と安部一郎さん(98)の2人になった。