和歌山の全世帯で断水が解消 水管橋崩落で

下地毅
[PR]

 和歌山市紀の川にかかる六(む)十(そ)谷(た)水管橋が落ちて崩落し、紀の川以北の市域のほとんどが断水になった問題で、市は10日夜、午後4時に全世帯の断水を解消したと発表した。

 市は、午後8時には水質検査を終えて全域で飲み水に使えることも確認した。地域によっては濁り水が出るところもあるので利用時の注意を呼びかけている。

 断水は、六十谷水管橋が落橋した3日夜から発生した。紀の川の南側にしかない浄水場から、北側の配水池に水を送れるのは六十谷水管橋だけのため、北側に住んでいる約6万世帯(約13万8千人)が一気に断水となった。

 市は6日から水のうかい路をつくる仮復旧工事をはじめて8日夜に工事を終えた。同時に送水し9日朝から家庭への給水をはじめていた。配水池から遠かったり高台にあったりする家では断水が続いていた。(下地毅)