佳子さま、ジェンダー指数「とても残念」 式典にオンライン出席

杉浦達朗

 秋篠宮家の次女佳子さまは10日、日本のガールスカウト運動100周年を祝う「国際ガールズメッセ」の式典を、宮邸からオンラインで視聴した。昨年の100周年プレイベントに続いて佳子さまはオンラインでの参加となり、ビデオメッセージであいさつした。

 佳子さまはビデオメッセージで、3月に世界経済フォーラムが発表したジェンダーギャップ指数で、日本が156カ国中120位にとどまった現状を「とても残念」とした。

 その上で、日本でもジェンダー平等のために努力を重ねている人々が多くいるとし、「誰もがより幅広い人生の選択肢を持てるようになることを、自らの可能性を最大限生かす道を選べるようになることを、そしてそれがあたりまえの社会になることを切に願います」と述べた。(杉浦達朗)

  • commentatorHeader
    パトリック・ハーラン
    (お笑い芸人・タレント)
    2021年10月12日18時47分 投稿

    【視点】佳子様がジェンダーの平等を呼び掛けていることを「政治的な発言だ」と批判している方がいらっしゃる。 確かに、ジェンダーの不平等を是正する政治的な動きを応援するようにもとらえられるかもしれないが、今の時代、自民党から共産党まで、ジェンダー問題