国籍を変えて選んだ勝負曲 小松原組「つかんだ五輪枠、自分たちで」

有料会員記事

聞き手・岩佐友
[PR]

小松原組インタビュー(後編)

 フィギュアスケート・アイスダンスの小松原美里(29)、尊(たける)(30)組はけがや国籍変更などの困難を乗り越え、昨季の世界選手権で北京五輪の日本の出場枠を獲得した。初めての五輪出場をめざす勝負のシーズンへ。思いを語った。

 ――2019年には美里さんがけがで3カ月間ほどリンクを離れた時期がありました。

毎週水曜日にフィギュアスケートにまつわる話題をお届けします.

 美里 夏のアイスショーの練習で頭から落ちて、首がビリビリとなって。「終わった。動けなくなるかも」と思いました。自分に起きたことが理解できず、「大丈夫、大丈夫」とめっちゃ隠したんです。でも後日、専門家に見て頂いて、脳振盪(しんとう)と診断されました。

 リハビリもしんどくて。ティム(尊)が待っていなかったら、スケートに戻れるかわからなかったです。

 ――尊さんからはどのように励まされたんですか?

 美里 一番覚えているのは、NHK杯を棄権すると決めた後のインタビューで「今までの自分たちの演技はできないかもしれないけど、これを乗り越えた時に美里はヒーローになる」と言ってくれたことがありました。しんどいけど、頑張ろうと思ったことを覚えています。

 尊 これだけ大きいことを乗り越えたら、もうヒーローだと思いました。とても尊敬しています。

 ――米国出身の尊さんは、美里さんがスケートをできない間に日本語を勉強されたそうですね。

 尊 何も助けることができなくて。だから1人で、できることをやりました。岡山で毎日1人で滑りながら日本語の学校に行って、勉強しました。

 ――日本国籍を取得するためですね。尊さんの国籍変更まではどのような苦労があったのでしょうか。

 美里 (17年に)結婚した…

この記事は有料会員記事です。残り2175文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]